消費者金融で借金する時の総量規制とは?

カードローンやおまとめローン審査を組むならどこがお得なのかなどを調べるときに、総量規制という言葉を聞いたことはないでしょうか。銀行は別ですが消費者金融や信販会社から借金をするとき、この制度を知っておかなければ無駄に審査に時間がかかってしまいます。審査に落ちて複数の消費者金融に借金を申し込むと、審査に通りづらくなる可能性もでてきます。総量規制の仕組みや規制の対象外で借金をするための方法についてお伝えします。
総量規制は、一言で言うと自分の1年間の収入の3分の1以上のお金を借りることはできないと定めた制度になります。つまり、正規の貸金業者と年収300万円の方がローンを契約する場合、借入限度額はその3分の1にあたる100万円までしか申し込むことができないということになります。残念ながらこれは1つの業者との限度額ではなく、全ての借金がということになっています。なぜこのような利用者にとって不便な規制があるかと言いますと、それは90年代に多重債務者が増加したことが原因だとされています。この時代は特に借りられる限度額に制限がなかったため、収入に見合わない借り入れ契約がありました。そのためその後行き詰まった人達が破産をしたり、逃げるなどの事件が相次いだのです。
しかしこの規制には実は抜け道があります。それは銀行からの借り入れは規制の対象でないという点と、消費者金融からの借り入れでも本人のためになる借金の場合は対象外という点です。この仕組みを上手く利用して、借り入れをしましょう。