現金を即日で借りれたときの体験談

大学進学をきっかけに東京で一人暮らしをはじめて、仕送りとバイトでなんとか生活をしています。田舎から上京してきたばかりの頃は何もかもが目新しく、友人もできて苦しいけど楽しい毎日を送っています。
ただ大学生活を楽しむためにはある程度のお金も必要になってきて、サークルに入れば夏や冬は旅行に行くこともありますし、コンパやパーティーなど、また服やカバンや靴も流行のものがほしく、さまざまなところでお金が必要になります。バイトだけで暮らしている人に比べれば仕送りがあるだけマシですが、やはり遊びためには足りなく、そんな時にどうしても断れないパーティーに参加することになって、ドレスなども必要になって、5万円ほどが必要になりました。
家族に言うことはできませんし、友人に借りるのもなんとなく嫌で、やはり断ろうと思っていたところ、無人契約機が目に入って引き寄せられるように入ってしまいました。これまで金融業者から現金を借りたことがありませんが、迷っていたところアナウンスがかかって何となく話を聞いていると、審査はすぐに終わって可決されれば即日で銀行でお金を借りるが可能になると分かりました。葛藤はありましたが今後の人間関係を良好にしておきたく、アナウンスに沿って契約をすることにしました。言われたまま行えばいいので楽ですし、審査もすぐに終わって可決されて、本当にその日のうちに必要な5万円を手に入れることができて、助かりました。