総量規制外のローンを利用したときの体験談

以前、お金が必要になったため、銀行のカードローンを申し込みした事が在ります。5万借りる必要があったのですね。
カードローンには消費者金融と銀行、信用金庫などで申し込みが出来ますが銀行や信用金庫は総量規制対象外と言う事からも、年収に対する制限が無い事や、300万円までは収入証明書不要と言った具合に、書類の提出が要らないと言うメリットが在るため、総量規制対象外の銀行を選びました。

総量規制外になる事で、収入が少ない場合でも返済計画を立てる事で年収の3分の1を超える融資を受ける事が出来チャンスが増えますし、銀行の場合は消費者金融よりも金利が低めになっているので、毎月の返済に含まれる利息が少なくて済むと言う魅力を感じました。

尚、銀行の中には取引が必要な所も在ると言う事を、ホームページを見て知りました。
取引と言うのは給料の振込み先として利用していたり、公共料金の自動引き落としなどで利用していたり、預金口座を所有しているなどで、取引が必要となった場合は預金口座を作らなければならないと言う面倒な事になるため、取引が無い場合でも申し込める銀行を幾つかピックアップし、金利を比較して申し込みする銀行を決めた事が有ります。

また、総量規制外になるため収入証明書が一定額以上でなければ不要になると言う魅力は大きく、自分の場合は年収が少ないので収入証明書を提出する事で審査に落ちてしまうのではないかと言う不安も在り、総量規制外の銀行を選んだと言う事です。